遺品整理は代行業者が便利|孤独死は現代の社会問題

納骨の手順

納骨についての知識とは

葬儀後、自宅に安置していた遺骨はお墓に納めることになります。そのことを納骨と言って、当日は親族や故人と親しかった人に来てもらい、納骨式を行います。納骨する時期には特別な決まりはありませんが、遠方から来てくれる人への配慮が必要です。多くの人は法要に合わせています。仏式では四十九日、神式では五十日祭に行うことが一般的になっています。 納骨の方法は、カロートの構造によって変わってくるので注意が必要です。骨壷に入れたままか、遺骨をお骨経袋入れて納めると言う方法が多いです。しかし、遺骨を骨壷から取り出して、そのまま土の上に納骨すると言う方法もあります。この場合、遺骨は2年か3年ほど経過すると土に還ります。

散骨する人も増えてきた

葬儀が終わったら納骨するのが一般的でしたが、最近では葬儀後に納骨をせずに、散骨を行う人が増えてきています。散骨をする場合は、一般的な納骨ほど手続きは多くありません。また、好きな場所に散骨できると考えている人いますが、どこにまいてもいいと言うわけではありません。節度を持って行うことが大切とされています。 散骨する場所は色々ありますが、近年では海に散骨する海洋葬の人気が高まってきています。海に散骨する時は、海水浴場や釣り場などを避けて、外洋まで出て行うのがマナーとなっています。ですから、船をチャーターすることが多いです。海洋葬を行っている業者は、葬儀屋に聞くかインターネットで調べれば知ることができます。

Menu