遺品整理は代行業者が便利|孤独死は現代の社会問題

家族葬の特徴

家族葬と密葬の違いについて

ここ数年、家族葬の形式で葬儀を営む人が多くなってきていますが、家族葬と密葬の違いがよくわからないという人が少なくありません。統一された定義のようなものが存在しているわけではありませんので、業者の方でも家族葬と密葬を混同してしまっているケースが多いです。しかし、厳密に言うと、家族葬と密葬は全く異なる葬儀形式だと言うことができます。密葬の方が、葬儀形式の一種として長い歴史を持っていますが、簡単に言うと、故人の死を誰にも知らせずに行う葬儀のことを指します。亡くなった人が社会的に高い地位についており、数多くの弔問客の来訪が見込まれるような場合には、先に家族だけで火葬まで済ませておき、後日改めて正式なお別れ会を実施するようにした方が混乱を避けられます。一方、家族葬というのは一部の人にだけ死亡の事実を連絡し、こじんまりとした規模で行う葬儀のことを指しています。

家族葬を行うメリットについて

なぜ家族葬という形式を選ぶ人が多くなってきているのかというと、儀礼的な弔問客の対応に煩わされる必要がなくなるというメリットがあるためです。それ以外に、安い費用で済ませられることをメリットとして指摘する人もいますが、死亡告知をする範囲によっては、それほど費用が安上がりにならないケースもあります。ですので、実際には、仕事上の付き合いなど、義理で訪れる弔問客の対応に割かれる手間を省くという目的が重視されていると言えます。家族を失ったばかりの遺族は、かなり疲れているのが普通です。疲れた身体に鞭打って弔問客の対応に追われるのは、正直言ってかなりしんどいです。また、故人とゆっくりお別れする暇もなくなってしまいます。でも、家族葬という形式にすれば、故人と過ごす最後の時間を濃密なものにすることができます。

Menu