遺品整理は代行業者が便利|孤独死は現代の社会問題

遺品整理のサービス

遺品整理の依頼から作業までの流れを知っておく

もし遺品整理サービスを利用する場合は、その流れを事前に知っておくと、スムーズな利用が行えます。利用にあたってはまず業者への電話かメールによる問い合わせを最初に行います。そのやり取りにおいて、現地での見積の予約を取ることになります。 見積予約に日にスタッフが来てくれるため、住宅事情や遺品の数や大きさなどをチェックしていき、見積作成となります。この見積作業が業者にもよりますが、1時間ほど必要となります。見積確定後はその場、もしくは後日でも良いので納得がいった場合は申込みが行えます。 作業当日は、基本的に依頼者が立ち会ってから作業を行うことになります。形見分けの品などを選別しつつ、不用品の処分は全て業者のスタッフに任せることができます。

簡易清掃サービスの利用でより片付けを工夫できる

故人の不用品を遺品整理業者に処分してもらうことで、家財の搬出などの手間も省け依頼者には随分楽になりますが、もう1つ残っている大変な作業が、清掃作業です。 長年家具や家電を設置していた床や壁は汚れていることも多く、掃除もかなり手間がかかります。一軒家やマンションの住戸を掃除するとなると、かなりの時間と労力が必要となります。そこで上手に遺品整理業者を活用する工夫として、簡易清掃の依頼を業者にする方法があります。 ほとんど全ての遺品整理業者がこの簡易清掃サービスを行っており、床の掃き掃除や拭き掃除はもちろん、水周り洗浄や、各部屋の掃除機掛けなどもやってくれます。賃貸で退去期限まで時間が無い、といった場合にも工夫して利用できるサービスです。

Menu